HOME » スタッフブログ » 社長 永森

スタッフブログ

スタッフブログ » 社長 永森

先ほどKNBラジオ朝生でお知らせしました、エコハウス研究会 丸谷先生の、新「そらどまの家」の本を若干名様にプレゼントいたします。

ホームページ内の「お問い合わせ」から、本のプレゼントに応募しますと書いてください。

 

普段は貸し出しのみ行っていますが、今回はプレゼントいたします。

期間は今日から1週間です。

 

お盆を利用して「栗の街」へ行ってきました。

長野県の小布施町です。

 

小布施町は東西5.7キロメートル、 南北4.8キロメートルの小さな町で、人口は12,000人です。

そんな小さな町に年間120万人もの観光客が訪れます。

 

むかしむかし、小布施は土地が荒れていて、農作物は育たない土壌でした。

そこである偉人が目を付けたのが「栗の木」だそうです。

その後、幕府に献上するようにもなったとか。

 

そんな栗の木を利用した、「木のタイル」が街のあちこちにあると聞き、早速見に行ってきました。

 

まず驚いたのは駅の構内にある「観光案内所」。そこにはボランティアの方々が、次々と訪れる観光客に小布施の説明をしていました。

僕にも座ってという事で、説明を聴きました。

015.JPG

 

そこで聴いたのが「オープンガーデン」という言葉。

オープンガーデンという看板があるお庭や建物は、通行しても良いというのです。

街で見つけたオープンガーデンがこの写真。

9Z2A1731.JPG9Z2A1727.JPG

 完全に一般の民家です。その庭を通り抜けて良いというのです。

不思議な街です。

そして恐る恐る通ってみました。

縁側には洗濯物が干してありました(ビックリ)

でも、考え方は素晴らしい。

とても小さな小さな街ですが、観光客が訪れる理由がわかりました。

街に一体感があります。おもてなしの心を感じます。

目的の栗の木タイルがこれ、9Z2A1757.JPG

 

雪国長野に木タイルですから、あちこちで腐っていましたが、それは仕方がないとして色が微妙。
真っ黒になるのですね。

せっかく見に行った木のタイルは、富山県人に受け入れられるかは微妙です(笑)

我が家で試してみようか??

 

ちなみにこの日の小布施は土砂降りでした。。。

 

 

みなさんこんにちは。代表の永森です。

 

FMとやまのラジオ番組「暮らしに笑顔プラス」がスタート丸2年経ち、3年目に入りました!

いつも聴いてくださり、ありがとうございます。

徐々に「ファンになった」「元気になった」などの声を頂くようになりました。

 

そこで、いつも聴いて頂いてる皆様に、2周年を記念してプレゼントしようという事になりました。

その概要を書きます。

(ラジオも生放送、プレゼントも思いつきです)

 

プレゼントは食彩 樹(いつき)のお食事券です。

抽選で、1万円のお食事券(1千円券10枚)を1名様。1千円のお食事券をペアで(1千円券2枚)10名様です。(有効期限1年)

 

食彩 樹(いつき)

住所:富山市北新町1-2-28(スーパーの大阪屋さん北新町店の向かい)

TEL:076-444-8644

営業時間:昼11:30~13:30、夜17:30~22:00

定休日:昼は土日休み、夜は月曜日

*僕の親戚であるマスターは、一流和食店で修行した腕の良い職人です。ジュープラスに県外から来られたお客様は、必ずこのお見せに連れて行きます。

 

応募はジュープラスのホームページ内の「お問い合わせ」をポチッと押していただき、

コメント欄に①住所・氏名・年齢・家族構成、②FMとやま「暮らしに笑顔プラス」の感想やご要望、

③現在のお住まいは、持ち家or借家(参考までに)、④今後ジュープラスからのお得な家づくり情報(不動産情報や見学会情報など)を希望or希望しない、

をお書きください。

 

*頂いた情報は、プレゼント以外では使用しません。④のジュープラスからのお得な家づくり情報を希望された方は情報の郵送のみ使用いたします。(訪問などは一切いたしません)

 

注意:FMとやまの「暮らしに笑顔プラス」を聴いている方向けのプレゼント企画です。
たまたまブログを見た方、今回はご遠慮ください。(失敗しました、キーワード設定すれば良かったですね。笑!)

応募締め切り:「あっ、忘れてた」という方も想定して、次回放送日(8月4日)の24時までとします。

抽選は公正を示すため、8月9日のジュープラス夏のBBQ大会で参加者さん約80名の前で行います。

ちなみに、今家づくりを考えていて、OBさんに成功談や失敗談などを聞いてみたいという方は、

BBQ参加希望と付け加えてお書きください。

 

当落は発送にて。発送は8月10日を予定しております。

なお、8月18日の番組にて、当選者を発表します。〇〇市の〇〇様(名字のみ)。

②の感想などは当落に関係なく番組にて紹介させていただく事があります。

こんにちは、代表の永森です。

すごいタイトルを付けましたが、何が富山県一かというと、気密(C値)です。

気密(C値)とは、住宅の隙間を表す数値です。

その気密(C値)は、国の基準では2を切れば高気密住宅とされています。
気密(C値)は現場で中間測定と完成時の測定と2回行っています。
きちんとした第3者機関の機密測定士さんに。

その中間測定に先ほど立ち会って来ました。

結果はなんと0.13c㎡/c㎡という驚異的な数値。
測定士さんも驚きの数値です。だって、結果が出た瞬間「え、えーっ」ってうなっていましたから(笑)

気密(C値)が何故大切かと言うと、断熱性能は設計時に決定します。
その性能がきちんと発揮できるかは、現場での施工がとっても大切です。
その断熱性能を100%発揮させるためには、家に隙間があっては駄目なのです。

断熱には外貼り断熱と充填断熱(内断熱)の2通りのやり方がありますが、ジュープラスはほとんど充填断熱を採用しています。
充填断熱の欠点は、気密(C値)を取りにくいということがあります。

外貼り断熱で気密(C値)0.1前後の数値を出している住宅屋さんはHPで検索しても結構見られますが、充填断熱(内断熱)のみで0.1という数値は僕は見たことがありません。
もしかしたら日本一かも知れません

077.JPG

 083.JPG

それぐらい、ジュープラスの家は自信を持って、高性能な家だと言えます。
しかも、坪40万円台でこの性能は、すごいと自負しています。

 

みなさん、そんな高性能の家を是非完成見学会で体感してみてください!


 

こんにちは、代表の永森です。

僕はずーっとAU派でしたが、半年前に会社でアイパッドを複数台購入する事になり、

その時に業者さんに勧められてついにソフトバンクになりました。

 

その時アイフォン5から6へ機種変更。

画面も大きくなり、快適に使っていました。

 

 

アイフォンは5時代からずーっとカバーをかけずに裸で使っていました。

もちろん6も裸。

5の時は裸で3回ぐらい地面に落としましたが、小さい傷が付くくらいでした。

6もそんな感覚で使っていましたが、先日落とした時に一発で画面が割れてしまいました。

「うそー、信じられない!」って思わず言ったような。。。

ショックでした。

 

業者さんにTELして、「社長、保険に入っていますから7,800円で新品になりますよ!」と聞き、ホッ。

 

ところが、ここから事件が起きます(笑)

「バックアップ取ってから交換しに行ってください。バックアップの方法は・・・・・」

「うーん、わからん」。

という事で業者さんに来てもらって、バックアップ取って交換。

 

事務所に戻ってバックアップを戻そうとするが、戻らない。。。

どうしようもなくなって、もう一度業者さんに来てもらう事に。。。

「バックアップ取れていませんが。。。」 「うそ、何で?」 「社長。。。」

どうやら最後の工程のバックアップボタンを僕が押してなかったみたいで。。。。

 

すったもんだした結果、アイフォン5がまだ手元にあったので、そのデーターを移行しました。

何とか半年前の状態まで戻す事が出来ましたが、当然この半年のデーターは全て消えてしまいました。

 

そんな理由で、お客様や業者さんなどのここ半年のデータ全て消えています。

ラインはパスワード忘れて復帰できなかったので、新しいアカウントで登録しました。

皆さん、ご迷惑おかけします(笑)

 

ちなみにソフトバンクの保証ではなく、アップルの保証に入っていたと言うことで、

アップルのお姉さん驚いていました。ほとんどの人は携帯会社の保証に入っているみたいです。

その場合、一旦数万円払って、後日8割ほど返金されるそうです。
そのほうが結果的に5千円前後の負担で済むそうなのですが、
一時的に高額を払いたくない人はアップルの保証のほうが楽ですね。

 

我が社には、いい業者さんがついていて、とても心強いです!

 

*透明なケース買って来ましたよ!

 

 

 

 

仕事 社長 永森

*ブログ、頻繁に書くって約束したので書ける時に続けて書きますね!

 

最近の建築は「プレカット」と言って、工場で仕口(木と木をつなぐ加工)を加工してくるのは皆さんご存知ですよね。

20年前?ぐらいは「手刻み」と言って、建て方前に作業場で2週間ほどかけて大工さんが加工していました。

 

建て方2週間前に、プレカット担当者と僕と武田現場監督で、2時間ほどかけて細部まで打合せをします。
(この打ち合わせ無しでは家は建ちません)

 

先日のプレカット打合せの途中で武田が「そこ大工さんに仕事してもらうちゃ」と言いました。

プレカットできない所を大工さんが現場で加工するという意味です。

 

「大工さんに現場で加工してもらうちゃ」では無く、「仕事してもらうちゃ」なのです。

なんか格好良くないですか! 

機械とコンピューターにも出来ない仕事、そこには技術がある! という感じが出ていますね。

 

そうですね、作業と仕事は違いますよね!

 

これを見ているご主人、どんな業種でもそうですよね。

専業主婦の皆さん、ご主人の「仕事=技」を是非聞いてみてください。

きっと自慢げに語ってくれるはず。

 

今夜はそんな会話で盛り上がるかも!

 

 

みなさん、ゴールデンウィークはどんな過ごし方をされましたか?

(今更ですが。。。)

 

僕の休みは4日から8日まででしたが、4日も5日もお客様の予定があり、7日は8日は予定がぎっしり、結果6日のみ完全フリーでした。

6日の朝起きてすぐに缶ビールを「プシュッ」と。

それを見た妻は「今日は何処も行かないのね、明日どっか行く?」、

僕:「明日もあさっても予定がいっぱいだから行かないよ」

妻:「うそ、聞いてない。じゃあ休みは今日だけ?」

僕:「うん、そうだよ」

妻:「まじ?信じられない~!。休み今日だけなのにビール飲んだら何処も行けないじゃない(怒)」

僕:「・・・」

 

これ、朝5時ごろの会話です。

結局、ビール3本飲んじゃいました(笑)

 

不機嫌な妻の横顔を見て、必死にスマホで調べました。

ビール3本で運転できるまでの時間を!。

どのサイトを見ても、どうやら350ml1本で2時間。3本だから6時間。

飲み終えたのが6時として、7・8・9・10・11・12。

おーっ早起きしてよかった。お昼食べたら出かけられる(笑)

で、お昼から上市の大岩不動尊へ行ってきました。(お恥ずかしい話、実は初)

IMG_2476.JPG   

まずは、初そうめん! 500円ぐらいだったかな?

 

横の階段をのぼって、

IMG_2478.JPG

 

 階段の途中で「営業辞めました」の看板が出ていた旅館を発見。

皆さんスルーしていましたが、木造3階建てに感動!

IMG_2480.JPG

 富山にも木造3階建てってあったのですね。しかも、こんな近くに!

基礎は石垣? それにしても当時の技術はすごいですね。

 

階段を息を切らせながら上がりきると、またまた3階建て!

IMG_2482.JPG

 妻はここで甘いものを食べていました。(名前不明、団子とあずきのやつ)

さらに進むと、不動尊がある建物が。

IMG_2484.JPG

 そこで僕が反応したのが、下足箱が集成材。

こんな歴史のある建物の下足箱が集成材かぁ。。。 なんだか残念な気持ち。

でも、無垢の1枚板って手に入らなくなっているんだなぁと実感。

お参りして、さらに奥へ。

IMG_2501.JPG

 

比較的あたらしい建物を発見。 軒の出が1間(1820mm)ほどあるのに感動。

僕たちが今やってる建築では3尺(910mm)が限界。

どうやっているのだろうか? と、想像すると頭の中がワクワク!

 

さらに奥へ行くと未完成だという3重の塔が。

IMG_2491.JPG 

よく見ると落書きだらけ。

写真には写っていませんが、この日は観光客でいっぱいでした。

見る人すべて、若い人も嘆いていました。

こんな歴史ある建物に落書きするなんて、僕が悪ガキだった頃を思い出してもありえません(怒)

 

最後は有名な滝。

IMG_2503.JPG

気になったので上へ上がって滝の水源を見ましたが、かなり人工的でした。

でも、水量は半端なく豊富。

さすが富山県! といった感じでした。

 

そうめん食べて、滝を見るつもりが、結局建築に魅入ってしまう僕。

頭からつま先まで「建築バカな男」だという事を、またまた実感。

 

帰りは近くの不動の湯につかり、檜で組んだ構造材を見てリラックス。

やっぱりここでも、ケ・ン・チ・ク・バ・カ。。。(笑)

こんなGWでしたが、幸せを感じました!!

 

 

 

最近、「いつもブログ見ていますよ!」とか、僕の話題について「知ってますよ!。HP見ていますから」という声をよく聞きます。
ありがたい事に、結構みなさん見ていただいているみたいです。それも頻繁に。。。

 

本当にありがとうございます!

 

今日はコンサートの話。

僕が書くコンサートと言えば、すぐに分かりますよね。そう、矢沢永吉。エイちゃんです。

 

昨夜、チーフと一緒に行ってきました。高岡市民会館。

IMG_2540.JPG

 *開演30分前の写真です。

 

今回はオーバードホールではなく、高岡市民会館。

オーバードのキャパは2200人。高岡市民会館は1600人だそうです。

チケット1万円しますから、単純に考えて600万円も売上げが違います。グッズ販売を考えるともっと。

今回のツアーは14講演です。大都市の大きな会場もやりませんから、少なく見積もっても1億円とか、もしかしたら2億以上も売上げに差があるのでは? と思います。

 

もちろん、65歳になった今でも、通常ツアー(大きな会場でやる全国ツアー)はどの会場も満員です。
じゃぁ、どうして? って思いませんか???

「きっと、何か伝えたいものがあるはず」と思い、それを探るのが今回のテーマでした。

 

実は、エイチャンは昨年からZ's(ゼッツ)というバンドを組みました。オーディションで選ばれた3人の若者と。
昨日はMCで「3回りも年下だよ!」と言ってました(笑)

 

答えは昨夜のコンサートの3曲目でわかりました。

ファン暦34年、以来毎年コンサートへ行っている僕の耳には、荒削りな音に聞こえました。

それはそうですよね。普段のエイチャンのコンサートのバンドメンバーは超一流のメンバーです。

それと比べると当たり前。

そして3曲目。2曲目までは最近の曲、つまり完成された感じの曲。

3曲目は古い曲、つまり若い時につくった、今よりもちょっと荒削りな曲。

そんな荒削りな曲と、若いメンバーの荒削りな演奏がピッタリ!(いつもと違う感じで驚きました)

 

MCでこんな事も言ってました「小さい会場、この距離感がいい!」って。

つまり、彼がやりたかったのは、コンサートではなく「ライブ」なのです。

 

65歳になって、ガンガンお金儲けして、余裕の今も、目指すは「ライブ!」。

カッコいいと思いませんか!

 

正直言って、僕が目指すものと同じです。

何が同じかって、住宅屋の社長らしくないかも知れませんが、ほとんどどの業界の社長は、会社が大きくなってお金と時間が出来て、ネクタイはずせなくなって、硬いスーツ着て。。。どんどんジャパニーズ社長になっていきますよね。車はベンツ、時計はロレックス。こんな感じで。

 

僕は、家づくりはやっぱり現場だと思うのです。現場とは、お客様とやり取りする場、そして実際の建築現場。ここに社長が行かなくなったら家づくりでは無くなる様な気がします。家の販売ですね。

だから僕もライブ=現場に生涯こだわりたい! そう思っています。

そして小さな会社だからできる「お客様との絶妙な距離感」。

 

昨日のZ's(ゼッツ)の若いメンバーを率いたライブを見て、「今のジュープラスもお客さんの目にはこんな風に見えているのかも?」と思いました。悪くないね、カッコいいじゃんと。

若いメンバーだから出せるちょっと荒削りな音。これがライブの音。テクニックではなく、一生懸命にやるひた向きさ。

ジュープラスの若者達と同じですね。

 

 

いつもエイチャンには何かを教えられます。

そして勇気と、元気をもらいます。

ライブの途中で、エイチャンと同じ時代を生きている事に感謝しました。

僕もお客様から、社員から、職人からそんな風に思われるように、益々頑張ります!

 

 

ブログも頻繁に書くようにしよう!!

次回19日のFMはこの話にしよう。

 

それでは、サンキュー!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上市町で超高性能な家づくりがスタートしました。

9Z2A8089.JPG

 

どのくらい高性能かと言うと、Q値1.5(住宅の断熱性能)です。

???一般の方はピンときませんよね。

 

ちょっとだけ説明します。

国は、それぞれの地域ごとに断熱基準を定めています。(ご存知でしたか!)

Ⅰ地域(イチ地域)=北海道

Ⅱ地域(ニ地域)=青森、岩手、秋田

と、Ⅵ地域(ロク地域)まで定めています。

 

富山はⅣ地域(ヨン地域)です。

 

国が定めるそれぞれの地域ごとの断熱性能Q値は、Ⅰ地域の北海道がQ1.6、富山はQ2.7です。

 

つまりQ1.5というのは、「北海道でも十分通用する高断熱性能の家」ということです。

この高性能な家は、いつもの「エアコン1台の家」ではなく、施主さんが「もっと快適に!」を希望され、

「床下エアコン」の家にします。(夏場の冷房は2階のホールに設置)

 

正直言って、Q1.5の家も、床下エアコンの家も、今回始めての試みです。

施主さんがとても勉強熱心で、一緒に難しい本を読み、一緒に考えた家づくりです。

断熱に強い設計士の僕をうならせた(汗、汗)施主さんと共に考えた家です。

 

何にどうこだわったのかは、中々簡単には書ききれませんので、徐々に。

 

それにしても、完成が本当に楽しみな家です。

 

 

ちなみに、いつもの「エアコン1台の家」の性能はQ1.7~1.8です。

(家によって違います)

 

◎今回はわかり易くH11年基準で書かせてもらっています。

 

 

【家づくりで悩んでいる方々へ】

*見学会に来られる人は、ほとんどがデザイン重視です。もっと住宅性能にこだわるべきです。

中には構造や性能にこだわりを持った方も来られます。しかし、はっきり言って、そのほとんどが中途半端なこだわりです。(辛口ですいません)

住宅設計はそんなに甘いものではありませんから、一般の方が一部にこだわっても、それをまとめる事が出来ません。

(家づくりは、正解がない。答えがない。ので)

 

見学会をまわって、他社と比較して何にもなりませんよ!

だって、人の家と人の家を比較しているのですから。(参考にはなりますが。。。)

ジュープラスでも、見学会を見て同じ家を建てた人は誰一人いませんから(笑)

 

見るべきポイントは、会社の考え、社長の考え、家づくりの姿勢などです。

 

よく聞く話ですが、「どこどこの見学会へ行ったら、クロスの入り隅が割れていたのであそこは駄目だ!」と見学会に来られた方が言われます。僕は「うちは大丈夫ですよ!」とは絶対に言いません。「うちも割れますよ!」何て言うと、「???」と言った反応が。。。

過去も、現在の家づくりも、壁が絶対に割れない家なんてありません。そんなのあったら「世界的特許」ですね。(笑)

それでもどこかの営業マンに「絶対に割れない」とでも言ってほしいのでしょうか???

家づくりに失敗したくなかったら、住宅会社の見極めのポイントを考えてみてくださいね!

 

住宅性能にこだわる方は、是非、見学会に来て僕と話をしてみてください

何時間でもやりたい方は是非予約を!(笑)

ちょっと聞いてみたい方は予約無しでもOKですよ!

  

2015年度の新入社員です。

新しい仲間の誕生です!

 

僕の横に居るのが丹羽君24歳

12月からの中途入社ですが、一応新入社員扱いです。

(すでにブログでも紹介しましたね)

 

そしてその横が石倉君22歳

まっさらな新入社員です。

9Z2A5994.JPG

 

3月30日合同入社式に参加しました。異業種の集まりで、本年度は85名の新入社員が参加。

今年はマスコミも多く、二人ともニュースに映っていました。(なんと運がいい!)

9Z2A6027.JPG

入社式はチーフも初めて参加。

僕と二人並ぶと、まるで父兄参観状態(笑)

写真見て本当に笑っちゃいました。(チーフに怒られるので写真はなしです)

 

 

午後から翌日の夕方までは、呉羽ハイツにて合同新入社員研修

僕も1泊しました。

ビジネスマナー中心の研修ですが、学生と社会人の違いも学びました。

9Z2A6028.JPG

新入社員と触れ合うと、こちらもフレッシュな刺激を受けます。

新鮮な気持ちになりました。

 

3月31日

朝風呂をあがると廊下で二人とすれ違いました。

「おはようございます!」。「おはよう!」。

「社長、もう入られたのですか?」。「うん、さっぱりした」。

 

どうやら「朝一番に風呂に行けば僕が入っているはず」。

二人で相談して早起きしたらしいのです。

なんとも、うれしい一言。。。

 

残念ながら、僕は5時30分に一番風呂へ入ったので、6時に入りに来た二人とは一緒に入れませんでしたが、

でもすごく嬉しい一言ですね。

 

 

17時30分に帰社し、本年度の経営計画の発表。

その後、場所を変えて歓迎会と、ハードな2日間。

 

そして翌日は地鎮祭。

二人ともよく頑張りました。

みなさん、これからよろしくお願いします!

 

追伸

丹羽君は現場(工務)担当、石倉君は当面僕の補佐をします!

 

 

 

 

  • ジュープラスの匠たち
  • 資金計画・住宅ローン
  • アフター・メンテナンス
  • 家づくりの流れ
  • リフォーム
  • お客様の声
  • 失敗しない土地探し