HOME » スタッフブログ » チーフ 永森 » 「長期優良住宅」

スタッフブログ

その他の税金の軽減
長期優良住宅には、建設コストが高くなると増加する「登録免許税」「不動産取得税」「固定資産税」の3税について税負担額を一般住宅の負担額以下に抑える優遇措置が設けられています。
不動産取得税の軽減 登録免許税の軽減 固定資産税の軽減

 

「長期優良住宅」って、ご存じですか?

当社は、昨年まで フラット35S基準で お家を建てておりました。

住宅金融支援機構で、住宅ローンを組まれる際、S基準だと金利が

更に低くなります。つまり、それほどの高い基準ということです。

長期優良だと、構造計算などに経費がかかったり、どうしても柱を要望されたり

、途中間取りがまったく変更できなかったり、そして金額も多少UPしたりします。

しかし、国が認める基準ですので、当社で建てても大手ハウスメーカーさんと

同じ基準だと証明されているということです。

(当社を信じていただければ、もちろん大丈夫なのですが、国のお墨付きがあるということです)

 

なぜ、100万円補助金がでるの?(年間50棟以下の工務店だけです)

当社は、地域型住宅ブランド化事業の「爽健の家」に加盟しております

地域型住宅ブランド化事業では、グループごとに定められた共通ルールに基づき、

木造の長期優良住宅の建設を行う場合、その一部が国から補助されます。

(1戸あたり、100万円の配分)

そして、1社5棟までです。 グループの共通ルールは、雨水タンクと畳コーナーです。

ジュープラスでは、残りあと1棟です。グループでいっぱいになることも考えられますが・・・・。

 

H27年3月31日まで、着工が条件です。

まだまだ、のようですがもう半年しかありません。今から、土地を探したり

間取りを決めたり、ローンの仮申し込みをしたり、決して早すぎるということはありません。

 

また、来年が100万円の補助金がでるかどうかは今のところわかりません。

だいたい7月ごろに承認されるので、工事も8月からにになってしまいます。

 

消費税が、H27年10月から上がるとしたら9月までに完成か、また、3月中にご契約か

になるかと思います。

 

ぜひ、一度話を聞きに来てくださいね。         チーフ永森

 

 

トップページ

  • ジュープラスの匠たち
  • 資金計画・住宅ローン
  • アフター・メンテナンス
  • 家づくりの流れ
  • リフォーム
  • お客様の声
  • 失敗しない土地探し