HOME » スタッフブログ » 社長 永森 » 間違いなく富山県一!(だと思う)

スタッフブログ

こんにちは、代表の永森です。

すごいタイトルを付けましたが、何が富山県一かというと、気密(C値)です。

気密(C値)とは、住宅の隙間を表す数値です。

その気密(C値)は、国の基準では2を切れば高気密住宅とされています。
気密(C値)は現場で中間測定と完成時の測定と2回行っています。
きちんとした第3者機関の機密測定士さんに。

その中間測定に先ほど立ち会って来ました。

結果はなんと0.13c㎡/c㎡という驚異的な数値。
測定士さんも驚きの数値です。だって、結果が出た瞬間「え、えーっ」ってうなっていましたから(笑)

気密(C値)が何故大切かと言うと、断熱性能は設計時に決定します。
その性能がきちんと発揮できるかは、現場での施工がとっても大切です。
その断熱性能を100%発揮させるためには、家に隙間があっては駄目なのです。

断熱には外貼り断熱と充填断熱(内断熱)の2通りのやり方がありますが、ジュープラスはほとんど充填断熱を採用しています。
充填断熱の欠点は、気密(C値)を取りにくいということがあります。

外貼り断熱で気密(C値)0.1前後の数値を出している住宅屋さんはHPで検索しても結構見られますが、充填断熱(内断熱)のみで0.1という数値は僕は見たことがありません。
もしかしたら日本一かも知れません

077.JPG

 083.JPG

それぐらい、ジュープラスの家は自信を持って、高性能な家だと言えます。
しかも、坪40万円台でこの性能は、すごいと自負しています。

 

みなさん、そんな高性能の家を是非完成見学会で体感してみてください!


 

トップページ

  • ジュープラスの匠たち
  • 資金計画・住宅ローン
  • アフター・メンテナンス
  • 家づくりの流れ
  • リフォーム
  • お客様の声
  • 失敗しない土地探し