HOME » 基本性能へのこだわり

住まいへのこだわり メニュー

基本性能へのこだわり

一生涯、お客様のご家族を守る「終 (つい) の棲まい」を建てる。
家族がずっと健やかに長く過ごせる高耐久・高断熱の家づくり。
家族構成やライフスタイルに合わせた完全自由設計。
ここではジュープラスの基本性能へのさまざまな「こだわり」をご紹介いたします。

基本性能へのこだわり


間取りへのこだわり

安心・安全 趣味を活かす 子供たちの成長 家族の絆 環境への配慮 デザイン性能

設計士がお客様からヒアリングして作るプランは本当の家族の家とは言えません。ジュープラスでは家族の皆様のライフスタイルと「幸福の家づくり」についての希望を的確にプランに反映させるために「絆の家作成シート」を記入していただきます。家族の本当の幸せを共に創っていただいてからプランづくりがスタートします。

そうした「絆の家作成シート」をもとに、ご家族が話し合って決めた家のテーマを設計士と共に形にしていきます。

絆の家作成シート

まずは家のテーマを決めましょう。
例えば、「家族の絆が深まる家」など...。どんな間取りにするかではなく、その家で家族が何をするのか・したいのかを決める事が最も大切です。
家づくりの目的にあった間取りが幸せへの第一歩となります。

こだわりプランが実現


高耐久へのこだわり

木造在来工法

日本の気候・風土に合わせて生み出された、伝統的で実績のある工法「木造在来工法」を採用しています。
コンクリートの基礎の上にヒノキの土台をのせ、柱と梁と金物と筋交いで建築します。
ほかの工法よりプランニングの自由度が高いと言われており、狭い土地や変形敷地に対応できる柔軟性や、将来のリフォーム、増築なども容易にできるのもメリットです。

木造在来工法リフォームも容易

ベタ基礎工法

基礎部分はベタ基礎工法を採用しています。
ベタ基礎は、基礎底部が1枚の連続したシート状となり、建物の荷重を「面」で受けています。そのため地盤にかかる荷重が分散され、より高い強度を実現します。

まずは地盤調査をして、その土地の地耐力を測定します。測定値に基づいて基礎の強度を決めます。
基礎の強度にこだわる(鉄筋の太さや量、コンクリートの強度)事で、耐久性の高いベタ基礎に仕上がります。

きめ細やかな配筋、耐久性の高いヒノキ土台のベタ基礎工法ベタ基礎は荷重を「面」で分散するから高強度

きめ細やかな配筋、耐久性の高いヒノキ土台のベタ基礎工法ベタ基礎は荷重を「面」で分散するから高強度

PAGETOP


高断熱へのこだわり 断熱基準は長期優良住宅レベル! 高断熱へのこだわり

断熱基準は長期優良住宅レベル!

セルロースファイバー

セルロースファイバーは、断熱・防音・防虫・防火・結露防止に優れた断熱材です。しかし金額が高いのと施工に手間がかかるため、当社のようにローコストの標準仕様にしているところはないと言って良いと思います。「冬温かくて、夏涼しい家」は、富山では、ローコストであろうと絶対的条件だと考えます。

セルロースファイバー

トリプル&ペアLow-Eガラス

ガラスにも断熱の種類があるのをご存じでしょうか。Low-Eガラスとは熱を反射させるフィルムを貼った最上級のガラスです。ジュープラスでは西陽や日射の強い壁面には3層構造の高性能トリプルLow-Eガラス、その他の部分でもペアLow-Eガラスなどを使用し、建物の断熱性能をさらに引き上げます。

ペアLow-Eガラス

PAGETOP


安心へのこだわり

等級2又は3の耐震性

建物の強さを表す指標として、品確法の住宅性能表示での耐震等級があります。
最低の基準として建築基準法の範囲内を等級1、建築基準法の1.25倍の強さを等級2、建築基準法の1.5倍の強さを等級3として、3段階の耐震等級が設けられています。

ジュープラスの家は等級2又は3の耐震性を誇ります!

等級3

建築基準法の1.5倍の建物強さ

数百年に1度程度発生する地震力の1.50倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度

等級2

建築基準法の1.25倍の建物強さ

数百年に1度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して倒壊・崩壊しない程度

等級1

建築基準法レベルの建物強さ

数百年に1度程度発生する地震力に対して倒壊・崩壊しない程度

フラット35Sエコ基準以上

フラット35Sエコ基準以上となると、通常の建築基準法よりも高い性能を要求され、物件ごとの検査もあります。

ジュープラスの家は全棟フラット35Sエコ基準以上の性能です!

「フラット35」・「フラット35S」を利用するための技術条件 「フラット35」・「フラット35S」を利用するための技術条件

フラット35

フラット35S

フラット35

一般的な住宅に求められる標準的な以下の基準

フラット35

フラット35S

以下の4つの性能の内いずれか一つを満たす

フラット35