Blogスタッフブログ

スタッフブログ

出来上がったら見えなくなる家の部分

お客様担当 長谷川

2018年6月28日 14:33

 こんにちは!ジュープラスの長谷川です。

 タイトルの「見えなくなる家の部分」、それは家の構造のことです!家が完成すると重要な家の構造が見えなくなってしまいます・・・

どんな素材の物を自分の家に使用するのか、どれだけの強度があるのかを知っていても実際に見ていなければ「本当に丈夫なの?」

不安になりますよね。

そんな心配事のある方は構造見学会へ行くことをおススメします。

構造見学会とは

普段目にすることができない家の構造を見ることができます。

そこでは耐久性を把握したり、柱や梁の接合部に金具が使用されていることを目視で確認することができます。

では構造見学会へ行くメリットとはなんでしょうか。そのメリットについて簡単にご紹介します!

構造見学会へ行くメリット

目で見て感じとれる

 インターネットで得る情報と、実際に見るものとは異なることがあります。

木材の種類柱の太さであったり、耐震金物工法がどんなものか等、じっくり見て適切な対処がなされているかは実際に見てみないと

分からないことが多いです。

実物をご自分の目で確認し、どのような工法で行っているのか知ることができるのは安心感にも繋がります。

信頼できる職人

 これから一緒に家づくりをしていくからには職人さんのことも知っておきたいところですよね。

どんな職人さんがいるのか、知ることができるのも構造見学会の良いところです。

お客様がこれから住む家だと考えからこそ、手を抜かずに、骨組みから仕上げまでキッチリ造りあげます。

お客様へ配慮の気持ちをこめた仕事を間近で感じ取ることができますよ。

近日開催の構造見学会

7月1日(日)に富山市豊田町で構造見学会を開催いたします!

見学会では、家の構造を見ながら、お家の仕組みについて説明させていただきます!

分からないことや気になることがあればお気軽に聞いてください(*^^*)

たとえば・・・

「自然素材の家ってどんなものなの?それって健康的?」

「断熱性が気になるなあ」 「断熱材の種類ってどんなものがあるの??」

「木材はどんな物を選んだらいい?」

などなど

どんな疑問も構造見学会で解決できますよ♪

構造見学会6.27(全体)(小).png

現在建築は、軽量鉄骨づくりや、プレハブ住宅が多い中、

木造建築の本来の良さを持つ「木造在来工法」の骨組みの仕組みについて、

機会に、 "目で見て"  "感じとって" みませんか?

pagetop