Lineup商品ラインナップ

そらどまの家|自由設計・注文住宅の富山の工務店(株)ジュープラス

HOME»商品ラインナップ»そらどまの家

「そらどま」+「呼吸する家」 =「そらどまの家」

「そらどま」は太陽の輻射熱を住まいに採り入れ、その輻射熱で採暖採涼をします。
太陽の恵み「そら」の熱と地球の恵み「どま」の熱を、両手両足をめいっぱい広げて受け取る仕組みです。
そして、人と住まいの健康の素、「呼吸する家」をつくります。

そらどまの家とは

呼吸する壁

そらどまの家の壁は、呼吸する壁です。壁の中の柱や梁などが、いつも呼吸できるようにしています。壁をボードで覆ってしまい、呼吸できない状態になっていると、カビや腐食の原因になるからです。

土間は冬暖かく夏涼しい

土の温度は、年間を通して冬に最も温度が高くなり、夏に最も低くなります。これは不思議な自然現象ですが、冬眠をする熊はこのことを本能で知っていますから、穴を掘って冬眠します。そらどまの家では、この自然現象を家の暖房と冷房に取り入れています。

自然エネルギー

屋根は雨を受け、壁は風に耐え、庇は夏の日射を遮ります。古来から伝わる伝統的な日本家屋は この自然を巧に取り入れており、多くの知恵を授けてくれます。川が近いところや北側には、地窓を付けて冷たい空気を導きます。太陽は、冬低くなり、夏高くなりますので、敷地を読み、家の向きを振ったり 壁面をへこませたりして工夫をします。自然現象は、お金がかからないわけですから 冬に太陽が入る家は、冬の光熱費が安くなります。太陽熱や大地からの恵みを、積極的に取り入れていきたいと考えています。

そらどまの家とは

そらどまの家のシステム

そらどまの家とは


そらどまの家に住んでみて(施主様の声)

H様邸

窓を額に、風景をひとり占め H様邸 そらどまの家

これまで夏の高温多湿、冬の底冷えに悩まされてきましたが、そらどまの家に住んでから大変快適に生活しております。
真夏の夜でも熟睡できますし、空調をつけても、一階と二階で極端な温度差なども無く、毎日何処にいても過ごしやすい家です。和紙の壁紙も湿度調整などの機能的な面だけではなく、素朴な風合いや温かみのある、我が家自慢のポイントになっていると思います。
窓の配置が個性的なのですが、家の表と裏にそれぞれある庭が色々な場所の窓から眺められるようになっています。そして二階へ上がる階段から空が見え、立山を一望できるスペースもあり、景色や季節の変化を感じながら「今日は何をしようか、どこかに出かけようかな」と明るい気持ちで暮らしています。
心も体も落ち着く最高の家に住むことができて、とても幸せです。

そらどまの家・スマートハウス・ZEH違いは?

スマートハウス

スマートハウス

太陽光発電が作る電力や蓄電池にためた電力を「賢く(スマート)」使う住宅のこと。
HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を使うのが特徴。
「省エネ・創エネ・畜エネ」の3本柱が基本で電気機器をネットワーク上で管理、リアルタイムで利用状況を把握・コントロールするエネルギー管理システムのこと。

ZEH

ZEH

ネット・ゼロ・エネルギーハウスのことで、「電力≦創る電力」をさします。消費エネルギーより創るエネルギーの方が多いか、±0となる住宅のこと。国から補助金還付されることもあり注目を集めていますが、数値が良い順で補助金還付者が決定するため必ずしも補助金がもらえるわけではありません。
また、ゼロエネルギーを実現するには「太陽光発電」などの発電システムが必須です。断熱性能などの計算は必要とされますが、調湿に関しては考慮されていないのが残念な点です。

そらどま

そらどま

数値的にはZEH基準を満たす方向で考えていますが、「空と大地の恩恵」を受け、自然と向き合って調和し、高気密、高断熱、輻射熱、換気、調湿等を兼ね備え、無駄なエネルギーを極力抑えることが可能な 「人と地球に優しい住宅」それが「そらどまの家」なのです。
消費エネルギーを発電でまかない、0エネルギー住宅とすればさらに「地球に優しい家」と言えるでしょう。

呼吸する壁・屋根

土壁とかやぶき屋根のように

土壁とかやぶき屋根のように

「そらどまの壁」は室内の空気を常にきれいに保ち、湿気を壁内にとどまらせない「呼吸する壁」。理想の壁構造である土壁のように、透湿通気する材料を選びます。

「そらどまの家」の屋根には「集熱屋根」と「緑化屋根」があります。集熱屋根は太陽光で暖められた空気を冬の室内に取り入れ、その他の季節には廃棄しています。
緑化屋根は古民家の茅葺き屋根のように夏の涼しさと冬の暖かさをつくりました。

H様邸

なぜ呼吸する壁がいいのか?
壁が呼吸するとどうなるのか?

壁内の空気をボードや断熱材や仕上材などで閉じ込めてしまうと、夏場に高温・高湿度になった時、カビが生える可能性があります。やがてそのカビが室内に出てきて、知らす知らずに健康に影響を及ぼす危険性があります。 壁が呼吸すると、空気がきれいでやさしい。快適指数が上がります。最近ではエアコンによる冷暖房が主流になってきましたが、エアコンは湿度を下げすぎてしまいます。呼吸する壁は室内の過度な乾燥を防ぎ、人に心地よい快適な湿度を保ち、人にも躯体にも優し家になります。

調湿アイテム

土壁の調湿効果は珪藻土などの仕上げ材の比にならないくらい、優れています。そらどまの家では現代の土壁と言われている調湿ボードを要所に配置します。

温かさと涼しさ

温かさと涼しさは断熱性能を上げることでどんどん快適になっていきますが、コストアップの要因にもなります。厚さ4mmの遮熱シートで家全体を覆うことにより、熱のもう一つの伝わり方である「輻射」を利用した数値に表れない快適な空間をつくりあげます。

仕上げ材

呼吸する壁(透湿する壁)には透湿する仕上げ材を使います。珪藻土(樹脂配合の少ないもの)、ドイツの健康壁紙、日本の伝統和紙、卵の殻からつくった塗料、木の板などなど

そらどま換気+全館空調

空気を動かさない冷暖房 空気をくまなく動かす換気

そらどま換気と全館空調は
家全体をクリーンで快適温度に

そらどま換気は「PM2.5」「黄砂」「花粉」を95%以上除去し、太陽の恵みも取り入れます。そこに全館空調を加えることで、家中が一年中快適な温度になります。

24時間そらどま換気

24時間そらどま換気

シャンデリアや、ペンダントライトひとつこだわるだけで、お部屋の雰囲気はグッと変わります。

床吹き出し口

床吹き出し口

熱交換換気のダクトは最小限にして、床下全部が空気を運ぶ装置です。温度・湿度を調整します。

全館空調 パッシブエアコン

輻射冷暖房をコストなどの問題により断念した場合は「パッシブエアコン」がお勧めです。「そらどま換気」との組み合わせで、夏は天井から冷房し、冬は床下から暖房するので、足元から家中ぽかぽかで室内をムラなく冷暖房するので、温度差によるヒートショックから家族を守ります。
局所的な冷暖房では成し得ない、最適な温熱環境を一年中実現します。

パッシブエアコン:冬

パッシブエアコン:夏

Plan A / 4LDK / 坪単価45万円〜 / 太陽の光が降り注ぐ家

Plan A / 4LDK / 坪単価45万円〜 / 太陽の光が降り注ぐ家

建築家 丸谷 博男(まるや ひろお)

「そらどまの家」提唱者

建築家 丸谷 博男(まるや ひろお)

東京芸術大学で40年、千葉大学で25年、多摩美術大学で6年間建築の教育にたずさわり、現在インテリアの専門学校ICSカレッジオブアーツ(東京都目黒区)にて学長を務めデザイナーと職人を育成している。
一般社団法人エコハウス研究会代表理事
一級建築士事務所(株)エーアンドエーセントラルarts and architecture代表

1948年9月24日生まれ(B型)山梨県出身 本籍は石川県羽咋郡宝達志水町(旧志雄町)

2013年10月に旧「そらどまの家」を出版してから4年が経過しました。
この間、全国各地でエコハウス研究会を開催し、北海道から沖縄まで巡って来ました。そこでの皆様との出会いが膨らみ、「そらどまの家」の技術や考え方も実践の中でさらに深まり、いよいよ全国に普及する段階となりました。

私が最も重要に思っていることは、現代の住宅工法が大きな問題を抱え、それを改善しない限り、日本の住宅史に自信を持ってその足跡を残すことができないということです。
そのために、私の建築人生を役立たせたいとも思っています。一人でも多くの住まい手、つくり手に「そらどまの家」を知っていただき、爽やで心地の良い空気感のある建築で暮らすことの素晴らしさを体験していただきたいと思います。

すでに、全国に見学できるモデルハウスも20棟を超え、住まい手のみなさまのご協力をいただ来ながら、一人でも多くの住まい手に健康な家を提供するよう務めています。

私が主宰していますエコハウス研究会は、2012年10月に発足しました。2011.3.11の東日本大震災が大きなきっかけでした。それまで取り組んできましたパッシブソーラー デザイン(OM ソーラーやパッシブ手法)を再考し、格安で普及できるものをと考え、2011年暮れにシステムの一応の完成を見ることができ、全国に普及することを思い立ちました。
そして、2013年1月にFACEBOOK 上にて「エコハウス研究会WORLD CLUB」をグループとして立ち上げ、2週間の内に650 名を超え、現在では4000人を超える人々が参加しています。
また、エコハウスに必要な知識と理解を深めるために、エコハウスマイスター制度を進め、2017年12月現在で118名のマイスターが全国に誕生し活動しています。

改めて、「北のデザイン・南のデザイン」を掲げ、日本の伝統に輝く知恵と真の価値に学び、持続可能な社会形成に機能する建築のあり方、住宅のあり方をさらに追求して行きます。

経歴

1972年3月 東京芸術大学美術学部建築科卒業
1974年3月 同大学院卒業/同大学非常勤講師となる(~1988年)
1983年 独立するまで奥村昭雄先生の研究室/アトリエにおいて家具と建築の設計を学ぶ。特に室内環境、太陽エネルギー利用、環境共生的なアプローチに力点を置き、現在普及しているOMソーラーシステムの開発期にかかわる。
1992年10月 世田谷区梅ヶ丘にモノつくりの拠点「梅ヶ丘アートセンター」を創設し、設計事務所とギャラリー、そして世田谷区のまちづくりに関わる。
2011年3月 東日本大震災をきっかけにecohouse「そらどまの家」を再構築し全国に普及を推進する。

著書

  • 「住まいのアイデアスケッチ集」
  • 「家づくりを成功させる本」
  • 「設備から考える住宅の設計」
  • 「実践木造住宅のディテール」
    (いづれも彰国社刊)
  • 「男と女の建築家が語る家づくりの物語」(工業調査会刊)
  • そらどまの家(萌文社刊)
  • 新「そらどまの家」(萌文社刊)
  • ZIGZAG HOUSE(萌文社刊)

pagetop