President-Blog社長ブログ

社長ブログ

HOME»社長ブログ

こだわりの家づくりについて熱く語る

2016年3月24日

新「そらどまの家」の本プレゼント

先ほどKNBラジオ朝生でお知らせしました、エコハウス研究会 丸谷先生の、新「そらどまの家」の本を若干名様にプレゼントいたします。

ホームページ内の「お問い合わせ」から、本のプレゼントに応募しますと書いてください。

 

普段は貸し出しのみ行っていますが、今回はプレゼントいたします。

期間は今日から1週間です。

 

2015年8月17日

栗の街で栗のタイル

お盆を利用して「栗の街」へ行ってきました。

長野県の小布施町です。

 

小布施町は東西5.7キロメートル、 南北4.8キロメートルの小さな町で、人口は12,000人です。

そんな小さな町に年間120万人もの観光客が訪れます。

 

むかしむかし、小布施は土地が荒れていて、農作物は育たない土壌でした。

そこである偉人が目を付けたのが「栗の木」だそうです。

その後、幕府に献上するようにもなったとか。

 

そんな栗の木を利用した、「木のタイル」が街のあちこちにあると聞き、早速見に行ってきました。

 

まず驚いたのは駅の構内にある「観光案内所」。そこにはボランティアの方々が、次々と訪れる観光客に小布施の説明をしていました。

僕にも座ってという事で、説明を聴きました。

015.JPG

 

そこで聴いたのが「オープンガーデン」という言葉。

オープンガーデンという看板があるお庭や建物は、通行しても良いというのです。

街で見つけたオープンガーデンがこの写真。

9Z2A1731.JPG9Z2A1727.JPG

 完全に一般の民家です。その庭を通り抜けて良いというのです。

不思議な街です。

そして恐る恐る通ってみました。

縁側には洗濯物が干してありました(ビックリ)

でも、考え方は素晴らしい。

とても小さな小さな街ですが、観光客が訪れる理由がわかりました。

街に一体感があります。おもてなしの心を感じます。

目的の栗の木タイルがこれ、9Z2A1757.JPG

 

雪国長野に木タイルですから、あちこちで腐っていましたが、それは仕方がないとして色が微妙。
真っ黒になるのですね。

せっかく見に行った木のタイルは、富山県人に受け入れられるかは微妙です(笑)

我が家で試してみようか??

 

ちなみにこの日の小布施は土砂降りでした。。。

 

 

2015年7月21日

ラジオ番組「暮らしに笑顔プラス」2周年記念

みなさんこんにちは。代表の永森です。

 

FMとやまのラジオ番組「暮らしに笑顔プラス」がスタート丸2年経ち、3年目に入りました!

いつも聴いてくださり、ありがとうございます。

徐々に「ファンになった」「元気になった」などの声を頂くようになりました。

 

そこで、いつも聴いて頂いてる皆様に、2周年を記念してプレゼントしようという事になりました。

その概要を書きます。

(ラジオも生放送、プレゼントも思いつきです)

 

プレゼントは食彩 樹(いつき)のお食事券です。

抽選で、1万円のお食事券(1千円券10枚)を1名様。1千円のお食事券をペアで(1千円券2枚)10名様です。(有効期限1年)

 

食彩 樹(いつき)

住所:富山市北新町1-2-28(スーパーの大阪屋さん北新町店の向かい)

TEL:076-444-8644

営業時間:昼11:30~13:30、夜17:30~22:00

定休日:昼は土日休み、夜は月曜日

*僕の親戚であるマスターは、一流和食店で修行した腕の良い職人です。ジュープラスに県外から来られたお客様は、必ずこのお見せに連れて行きます。

 

応募はジュープラスのホームページ内の「お問い合わせ」をポチッと押していただき、

コメント欄に①住所・氏名・年齢・家族構成、②FMとやま「暮らしに笑顔プラス」の感想やご要望、

③現在のお住まいは、持ち家or借家(参考までに)、④今後ジュープラスからのお得な家づくり情報(不動産情報や見学会情報など)を希望or希望しない、

をお書きください。

 

*頂いた情報は、プレゼント以外では使用しません。④のジュープラスからのお得な家づくり情報を希望された方は情報の郵送のみ使用いたします。(訪問などは一切いたしません)

 

注意:FMとやまの「暮らしに笑顔プラス」を聴いている方向けのプレゼント企画です。
たまたまブログを見た方、今回はご遠慮ください。(失敗しました、キーワード設定すれば良かったですね。笑!)

応募締め切り:「あっ、忘れてた」という方も想定して、次回放送日(8月4日)の24時までとします。

抽選は公正を示すため、8月9日のジュープラス夏のBBQ大会で参加者さん約80名の前で行います。

ちなみに、今家づくりを考えていて、OBさんに成功談や失敗談などを聞いてみたいという方は、

BBQ参加希望と付け加えてお書きください。

 

当落は発送にて。発送は8月10日を予定しております。

なお、8月18日の番組にて、当選者を発表します。〇〇市の〇〇様(名字のみ)。

②の感想などは当落に関係なく番組にて紹介させていただく事があります。

2015年6月30日

間違いなく富山県一!(だと思う)

こんにちは、代表の永森です。

すごいタイトルを付けましたが、何が富山県一かというと、気密(C値)です。

気密(C値)とは、住宅の隙間を表す数値です。

その気密(C値)は、国の基準では2を切れば高気密住宅とされています。
気密(C値)は現場で中間測定と完成時の測定と2回行っています。
きちんとした第3者機関の機密測定士さんに。

その中間測定に先ほど立ち会って来ました。

結果はなんと0.13c㎡/c㎡という驚異的な数値。
測定士さんも驚きの数値です。だって、結果が出た瞬間「え、えーっ」ってうなっていましたから(笑)

気密(C値)が何故大切かと言うと、断熱性能は設計時に決定します。
その性能がきちんと発揮できるかは、現場での施工がとっても大切です。
その断熱性能を100%発揮させるためには、家に隙間があっては駄目なのです。

断熱には外貼り断熱と充填断熱(内断熱)の2通りのやり方がありますが、ジュープラスはほとんど充填断熱を採用しています。
充填断熱の欠点は、気密(C値)を取りにくいということがあります。

外貼り断熱で気密(C値)0.1前後の数値を出している住宅屋さんはHPで検索しても結構見られますが、充填断熱(内断熱)のみで0.1という数値は僕は見たことがありません。
もしかしたら日本一かも知れません

077.JPG

 083.JPG

それぐらい、ジュープラスの家は自信を持って、高性能な家だと言えます。
しかも、坪40万円台でこの性能は、すごいと自負しています。

 

みなさん、そんな高性能の家を是非完成見学会で体感してみてください!


 

2015年6月29日

iPhone6破損!

こんにちは、代表の永森です。

僕はずーっとAU派でしたが、半年前に会社でアイパッドを複数台購入する事になり、

その時に業者さんに勧められてついにソフトバンクになりました。

 

その時アイフォン5から6へ機種変更。

画面も大きくなり、快適に使っていました。

 

 

アイフォンは5時代からずーっとカバーをかけずに裸で使っていました。

もちろん6も裸。

5の時は裸で3回ぐらい地面に落としましたが、小さい傷が付くくらいでした。

6もそんな感覚で使っていましたが、先日落とした時に一発で画面が割れてしまいました。

「うそー、信じられない!」って思わず言ったような。。。

ショックでした。

 

業者さんにTELして、「社長、保険に入っていますから7,800円で新品になりますよ!」と聞き、ホッ。

 

ところが、ここから事件が起きます(笑)

「バックアップ取ってから交換しに行ってください。バックアップの方法は・・・・・」

「うーん、わからん」。

という事で業者さんに来てもらって、バックアップ取って交換。

 

事務所に戻ってバックアップを戻そうとするが、戻らない。。。

どうしようもなくなって、もう一度業者さんに来てもらう事に。。。

「バックアップ取れていませんが。。。」 「うそ、何で?」 「社長。。。」

どうやら最後の工程のバックアップボタンを僕が押してなかったみたいで。。。。

 

すったもんだした結果、アイフォン5がまだ手元にあったので、そのデーターを移行しました。

何とか半年前の状態まで戻す事が出来ましたが、当然この半年のデーターは全て消えてしまいました。

 

そんな理由で、お客様や業者さんなどのここ半年のデータ全て消えています。

ラインはパスワード忘れて復帰できなかったので、新しいアカウントで登録しました。

皆さん、ご迷惑おかけします(笑)

 

ちなみにソフトバンクの保証ではなく、アップルの保証に入っていたと言うことで、

アップルのお姉さん驚いていました。ほとんどの人は携帯会社の保証に入っているみたいです。

その場合、一旦数万円払って、後日8割ほど返金されるそうです。
そのほうが結果的に5千円前後の負担で済むそうなのですが、
一時的に高額を払いたくない人はアップルの保証のほうが楽ですね。

 

我が社には、いい業者さんがついていて、とても心強いです!

 

*透明なケース買って来ましたよ!

 

 

 

 

2015年5月25日

仕事

*ブログ、頻繁に書くって約束したので書ける時に続けて書きますね!

 

最近の建築は「プレカット」と言って、工場で仕口(木と木をつなぐ加工)を加工してくるのは皆さんご存知ですよね。

20年前?ぐらいは「手刻み」と言って、建て方前に作業場で2週間ほどかけて大工さんが加工していました。

 

建て方2週間前に、プレカット担当者と僕と武田現場監督で、2時間ほどかけて細部まで打合せをします。
(この打ち合わせ無しでは家は建ちません)

 

先日のプレカット打合せの途中で武田が「そこ大工さんに仕事してもらうちゃ」と言いました。

プレカットできない所を大工さんが現場で加工するという意味です。

 

「大工さんに現場で加工してもらうちゃ」では無く、「仕事してもらうちゃ」なのです。

なんか格好良くないですか! 

機械とコンピューターにも出来ない仕事、そこには技術がある! という感じが出ていますね。

 

そうですね、作業と仕事は違いますよね!

 

これを見ているご主人、どんな業種でもそうですよね。

専業主婦の皆さん、ご主人の「仕事=技」を是非聞いてみてください。

きっと自慢げに語ってくれるはず。

 

今夜はそんな会話で盛り上がるかも!

 

 

1  2  3  4  5  

pagetop