President-Blog社長ブログ

社長ブログ

こだわりの家づくりについて熱く語る

断熱性能=暖かい(涼しい)家ではない!

2020年1月15日 09:01

ジュープラスに訪れて頂けるお客様は、高性能な家を求めたいと思っている方が多いです。
その中で、ほとんどの方が①機密性の高い家が暖かいと思っている。②断熱性能が高いほうが暖かい家だと思っています。

間違えではないのですが、間違えです。

①機密性能は、漏気による熱ロスを防ぐのと、室内の空気をコントロール(換気と空調)しやすくするためです。

②断熱性能は、暖かい家というより、省エネと言ったほうが近いかもしれません。

暖かい家にするには、熱の移動の3原則の一つ「放射」を取り入れないといけません。

近年、もう一つ間違っているのが、暖かい(涼しい)を空気の温度で決めてしまってることです。

例えば、真冬に焚き火をしたら暖かいですよね。でも両側面と後ろ側は寒い。もし、焚き火を4方向でしたら、とても暖かくなります。焦げるかも。(笑)

この時、外気温は温まっていません。熱の放射、遠赤外線により、暖かく感じるのです。

この、「感じる」という体感温度が最も重要となります。(温度計の温度ではない)

住宅の場合、内装温度(床、壁、天井、家具などすべて)をどれだけ上げるかで、体感温度が変わってきます。

そして、内装は蓄熱するものにしなければいけません。

例えば、ビニール系を表面に張った新建材では蓄熱せず、体感温度は上がりません。カーテンなどもナイロン系よりも綿が多いもののほうが蓄熱します。ビニールクロスではなく、珪藻土にするのも有効です。

もう一つ忘れがちなのが、断熱材です。これを蓄熱する材料にするかしないかは、暖かさに大きな違いが出てきます。

よく、沸かし湯と温泉では温まり方が違う。温泉は芯まで温まる。と言いますが、それと同じです。

断熱材は、ボード系や吹付けウレタンと、繊維系とでは暖かさの質が違います。温度計で計測すると同じようなデーターとなっても、体感するとまったく違います。また、繊維系でもセルロースファイバーかウッドファイバーのような自然系のものでないと、蓄熱されません。比重の重いもののほうがより蓄熱されます。

整理します。家づくりの工程を無視して話します。

人を暖かくするエアコンなどの熱源が空地にポツンとあると思ってください。このエアコンは能力の100%で稼動しています。このままでは地球を暖めているようなものですから、家という箱で熱源を包みます。しかし、それでは熱ロスが多いので断熱します。少し暖かくなりました。もっと暖かくしたいと思い、断熱材を増やしました。さらに暖かくなって、暑過ぎるのでエアコンを100%稼動から80%稼動にしました。これが省エネです。(断熱とは熱の移動を遅くすることを言いますから、断熱材を増やせば熱意移動が少なくなります。つまりある一定の温度を保つ時に必要なエアコンなどの熱量を減らすことができます。)

しかし突然、風が強く吹いてきました。すると隙間風が入ってきて、寒く感じます。隙間を防ごうということで、住宅という箱を気密化しました。隙間風は入ってこなくなり、元の暖かさに戻りました。これが高気密の一つのメリットです。

家という箱は間仕切りかありません。家族もいますから箱を個室を間仕切って部屋をつくりました。そうするとエアコンがある部屋は暖かいのですが、間仕切ってつくった部屋は寒くなりました。暖かい部屋の熱を間仕切った部屋に供給することにしました。これが全館空調です。

ここまで書いた物語には「人」が存在しません。暖かくなったのは温度計で計測しているからわかったのです。そこで人が住んでみました。温度計は25℃となっていますが、体感では23℃と感じてしまいます。この温度のギャップを埋めるのが放射です。室温が25℃に達したばかりの時と、それから12時間経過したときでは暖かさのレベルが違います。内装や断熱材が温まって、体感温度が上がっています。少し暑く感じるので、室温を下げるためにエアコンを60%にしました。結果的に、暖かさは増したのに、省エネになりました。

快適な家になりましたのでそのま住み続けました。ところが結露が発生することに気づきました。まず、調理した時の湯気で壁面が結露したように濡れます。冬になると外壁側が結露します。夏になると室内側が結露します。この夏冬の結露は、屋根面と壁面で起こります。結露対策をしないでビニール系のシートやボード系の断熱材、吹付けウレタンで高気密高断熱化してしまったので、結露水は逃げません。いまさらどうしようもありません。仕方がなく30年住みましたが、家中、屋根や壁の中までカビだらけになってしまいました。

そんな家を売ろうと思い査定してもらいましたが、ゼロ評価どころか、解体しないと土地も売れないと言われました。仕方がなく解体しましたが、200万円の出費となってしまいました。

悲しいけれど、これが今の日本の現状です。

こんな家にしたくない人は、ご相談ください。

pagetop