Aboutジュープラスについて

社長インタビュー|自由設計・注文住宅の富山の工務店(株)ジュープラス

HOME»社長インタビュー

ジュープラス代表取締役社長 永森 裕章

僕もライブ=現場に生涯こだわりたい!センキュー!

プロフィール

情熱建築家 昭和41年8月生まれ 富山県出身
(社)エコハウス研究会 エコハウスマイスター

資格・免許

二級建築士/応急危険度判定士/二級施工管理技士/一級塗装技能士/足場組み立て主任/職長/玉掛け/高所作業車/CASBEE戸建評価員

モットーは、「ウソはつかない正直な建築」「情熱を持って行動」「自分らしく生きる」
愛犬ベイとボン(ヨーキー)
趣味:ゴルフ(忙しいので、しばらくお休みです)日帰り温泉めぐり

社長ブログはこちら

ジュープラス代表取締役社長 永森 裕章

社長にとって家づくりとは

僕にとっての家づくりとは、「人が人らしく暮らす」ためのステージです。人らしくとは、心があるということです。暮らすとは、一日の終わり、日が暮れて、今日も一日無事に終われたこと、うれしかったこと、悲しかったことをかみしめる。それが暮らしだと思っています。四季のありがたみを感じ、家族や仲間や地域に感謝し、日々を暮らす。家づくりを通して僕たちはそれを伝え、マイホームという夢の実現に寄与する。それが我々の家づくりです。

ジュープラス代表取締役社長 永森 裕章

ZEH、ゼロエネルギー住宅、そらどまの家について教えてください

ZEH(ゼッチ)とは経済産業省の施策であり、ゼロエネルギーハウスとは国土交通省の施策ですが、内容はほぼ一緒と仮定してお話します。日本はというか世界は一次エネルギーの削減に迫られています。代表的なのが石油です。石油の埋蔵量はあと55年ばかりと言われています。そこで、少しでも一次エネルギーの使用を抑えようと試みているのがZEHやゼロエネ住宅です。子供や孫の世代のため、今自分が無理せずにやれることをするべきと考えます。

そらどまの家とは、今の建築の問題点である湿度のコントロールを可能にした丸谷先生考案の健康ハウスです。近年の現代建築では、特に壁内の湿度を無視してきました。それによりカビが発生しやすい環境を招いていましたが、それを見事にクリヤーしたのがそらどまの家です。まるで土壁の家のような湿度コントロールされた呼吸する、やさしい空気の健康住宅です。デザイン的には定義が無く、どの家にも採用できます。

他にはないジュープラスの「強み」を教えてください

建築には、①耐震などの構造的要素。②断熱、無結露など性能的要素。③見た目の美しさやその地域にマッチしたデザイン的要素。④四季や自然を取り入れた自然環境的要素。⑤価格とのバランス。⑥工期。などがあります。ジュープラスの得意分野は②の断熱結露などの性能(温熱環境設計と言います)と、④の自然環境的要素です。
デザイン面はお金がかかりますので、なるべく飽きのこないオーソドックスだけど美しいというものを取り入れるようにしています。価格面は自社施工をすることで抑え、皆さまには喜んでいただいています。
ジュープラスは設計事務所さんのような自由な設計。ハウスメーカーさんのような求めやすさや安心感とアフターフォロー。工務店さんのような独自の技術力と職人の結束力、それらを兼ね備得ている、それが強みです。

今後のジュープラスについて教えてください

すでに好評いただいている他にはない接客、家族のようなお付き合い、追加変更喜んでというお客様の自由度、では業界を先導していると思っています。それに益々磨きをかけていきます。また、温熱環境(断熱結露など暖かい涼しい家、省エネ)についても地域を先導していると思っています。そこも先導し続けたいと思っています。今後も家づくりを通して、体の健康と心の健康を提供していきます。また、ジュープラスは年間着工数を伸ばそうとは思っていません。今後もじっくり、ゆっくり、他には真似できない家づくりをしていきます。

オフの過ごし方を教えてください

僕のオフはほとんどありません。あまり褒められることではありませんが、ここ数年やりたいことがありすぎて、時間がもったいなくて休めません。(笑)
もしオフをいただけるとしたら、京都などの歴史的建造物見学ツアーやドイツを中心とした世界最先端のエコハウスツアーなどへ行ってみたいです。国内は愛犬を連れて!

最後にメッセージをお願いします

40歳になった頃、「僕は何のために生まれてきたのか?」「何のために生きているのだろう?」と、深く深く考えたことがあります。毎日毎日考えて、答えを出すのに3ヶ月もかかってしまいました。(笑)出した答えが「人は人のために生まれ、生きている」でした。何だそんな当たり前のことが分からなかったのかって、笑わないでください。(笑)
僕のモットーは「自分らしく!」です。小学生の時決めました。「僕らしいってどんな感じなのだろう?」また深く考えました。色んな人に聞きました。みんな口を揃えて「元気、勇気、そして情熱的」と言います。僕がその場にいると、元気になるそうです。僕は超プラス思考なのと、常に夢を追いかけているので、勇気をもらえるそうです。そしてエンジンかかったらもう止まらない、とても情熱的だそうです。そんな風に言われると、自分でも納得します。(笑)そして人から付けられたのが「情熱建築家」です。今でも照れくさいですが…。
そんな時、ある恩人から言われました。「お前の情熱は分かる。だけどこれから歳を取るにつれ、それだけでは駄目だ、知性も必要だぞ!」と。それから人の3倍は建築の勉強をしました。今は温熱環境設計についてはかなりの自信が持てるほどになりました。そんな僕の情熱を「うざい!」と思う人もいるかも知れません。(笑)でも、お客様は「家づくりは一生に一度のことなので…。」と皆さん言われます。ですから、お客様の情熱に負けるわけにはいけません。常に情熱的で成長し続けなければいけないと思っています。これからもずーっと、このスタイルは続きます。

ジュープラス代表取締役社長 永森 裕章

ジュープラス代表取締役社長 永森 裕章

pagetop