Blogスタッフブログ

スタッフブログ

HOME»スタッフブログ

スタッフブログ一覧

ダウンライトの寿命と交換について

こんにちは!宮越です。

照明の打合せをしていて、よく聞かれる事があります。

『ダウンライトって、将来的にどうなの?交換はできるの?』

見た目がスッキリして、掃除も楽になる、大人気のダウンライトですが

メンテナンスについて気になることも多々あるかと思います。

今回はその質問に答えていこうと思います。

LED電球が家庭に普及されるようになったのが2009年頃だそうで、

そろそろ10年が経とうとしています。

LEDの寿命は40,000時間で、大体10年と言われています。

(耐用年数は15年)

この寿命はあくまで目安であり、使用頻度によって異なります。

また、ダウンライトは蛍光灯のように、チカチカしたり

いきなり消えるわけではなく徐々に暗くなっていくのが特徴です。

ですので、初期の光度の70%になる頃を寿命としているようです。

70%でも明るい!と思えばまだ寿命は延びるわけです。

さて、『ダウンライト、交換はどうするのか。』

というお話しですが、現在主流となっているダウンライト、

ジュープラスの照明プランでも、一般的に使用しているダウンライトというのは

LED一体型のダウンライトです。

この一体型というのは電球の差し替えが出来ないタイプになります。

要するに、LEDの寿命が訪れたときは電気工事の資格を持っている

業者さんにお願いして、器具丸ごと交換してもらう必要があります。

ご家庭によって、一度に交換する数や費用は変わってきますが

器具そのものはとてもお安いですし、

交換時に光の色や明るさを変えたり

調光調色や人感センサータイプに変えたりする事も出来るのがメリットです。

では、セルフで交換できるダウンライトはないのか・・・?

あります。ありますが価格が一体型と比べ2~3倍以上するのですo(。・д・。)o

そして、見落としがちな部分ですが

LEDの光源だけでなく『器具』にも交換時期があるのです!

器具そのものは照明の熱で少しずつ劣化していきますからね(;▽;)

LED電球の交換が必要になる頃には、器具の交換も必要になる可能性が高い!

それなら交換可能なタイプにしても意味ないや~

一体型の安いダウンライトを交換しちゃえ~ということになります。

しかし、自分で交換できるという安心感や、

電球が切れたとき・・・ではなく

ライフスタイルに合わせて交換できるという点で需要はあるかと思います。

ただ、種類は一体型に比べて非常に少ないので、デザイン面や人感センサーに

こだわると、ちょっと不向きです。

ダウンライトについてあれこれと書きましたが

後に業者さんが入るのが嫌だ!

手軽に交換できるものがいい!

という強い希望がない限りは、デザインや予算を優先して

ダウンライトを積極的に取り入れていってもいいと思います。

それではまた・・・!

お客様担当 長谷川

2018年7月13日

ホームページ以外の施工例について

こんにちは!ジュープラスの長谷川です。

ジュープラスの施工例をいつも見ていただき、ありがとうございます!

ホームページの施工例では商品プランや各部屋ごとで施工例を見られるようになっています。

けれど、お部屋の特徴や仕組み、こだわりなどが気になる方もいらっしゃると思います。

そこで、解説付きの施工例を掲載しているサイトをいくつかピックアップしました!

ぜひジュープラスでの家づくりの参考にしてみてくださいね♪

LIFULL HOME'S

https://www.homes.co.jp/iezukuri/mid-9870/

厳選した魅力ある家と各部屋ごとの分かりやすい解説と共に施工例を掲載しています。

中でも、収納面や、個性的なアイディアなど、こだわった箇所を凝縮してあります♪

バーチャル住宅展示場

https://house.3cata.com/j/toyama/ju-plus/index.html

こちらのサイトではなんと、ジュープラスで施工したお家を3Dで見ることができます!!

それも、3Dで見れるのは個性的なお家なので、こだわりのリビングと飽きのこないデザインを隅から隅までばっちり観察できますよ!

写真だけみたい!

そんな方におススメなのが「インスタグラム」です

オシャレな写真だけを厳選しているのでついつい見入ってしまう事間違いなしです!

https://www.instagram.com/juplus_home/

チーフ 永森

2018年7月12日

住宅ローンについて!

チーフ永森です。

10年ほど前から、住宅ローンの担当もしております。住宅ローン担当歴長いです。

少し、目が悪くなったので、前にいた男の子に

引き継ごうとしていましたが、辞めてしまったので、また私に戻ってきました。

今は、メガネをかけて頑張っています。

昔は、金利が上がらないよう、フラット35Sをお勧めしておりました。

まだまだ、金利が上がりそうにないので、

今は、北陸銀行の3年0.35%という住宅メーカー経由だと金利が下がるものを

お勧めしております。特に、8大疾病が付いているのがお気に入りです。

(ちなみに、フラット35S 融資率9割以下、金利Aプランだと1.35%、当初10年1.11%

〇〇銀行は、嫌いです。(いろいろありまして・・・そういうことも長い間にはあります。担当さんが変わればまた

変わりますが、、、、、、、。)

この前、まだ勤務年数が1年に満たないかたが、当社に来られ、自分で近くのろうきんさんに

行ってローンを組んできます。と言われたので、その通りにしていただきました。

大抵は、勤務年数2年ですが、今はそんなに厳しいことを言わないだろうと思ったからです。

勤務年数以外は、特性素晴らしい方でしたので・・・・・。

ところが、次の日電話がかかってきて断られたようです。しかも、書類も書かないで断られたそうです。

(ろうきんさん! 余裕ありますね)

それで、私的には、少し甘めの富山第一銀行さんと、当社のメインバンク北陸銀行さんに

相談して、申し込みました。この相談が大事です。銀行さんの担当さんの力は、絶大です!!

なんと、富山第一銀行さんとは、土地の路線価で引っかかったそうで

断られました。減額ならとも言われましたが・・・・・。

北陸銀行さんは、みごと2100万okでした。こんなこともあるのですね。

これには、経験の長いチーフもビックリしました。

路線価は、ウソかもしれませんね。北陸銀行さんがokなので・・・。

昔は、カードを使いすぎてローンが通らない人や、いろいろ悩んで、特性に合わせて

銀行さんをご紹介していました。余程、自信がある人以外は、住宅メーカー経由でローンの

事前申し込みをしたほうが良いですよ。ここの銀行さんは、こういう人でも通ると心得ているから

です。それとも、私が得意なだけかな? 私は、お客様のために必死で頑張りますよ!!

ひとつ通らなくても諦めないで!!私は、頑張ってチャレンジします!!

なんせ、住宅ローンが通らないと家づくりは始まりませんから・・・。

最近は、現金の方も多いですが・・・・・。

チーフの住宅ローンのよもやま話でした。

チーフ 永森

2018年7月 3日

常設展示場!!

常設展示場 アクセスIMG_0435.JPG

富山市珠泉東町100-40に社長の家があります。

見学会が無い時は常設展示場にしています。

住んでいるので、少しきれいにする時間が欲しく、せめて前日にご予約くださいね。(すみません!!)

一階は、建材の床なので張り物ですが、二階は、昨年リフォームして、無垢材の床(杉)にしました。

一階の内装は、クロスですが、二階の内装はビーナスコート(卵の殻)です。

二階は、換気システムにて、空気を管理しているので、エアコン一台で、空気がきれいです。

一階と二階で比べることができます。二階の西側には、トリプルガラスが入っています。

二階からの景色は、最高です。これは、朝焼けですが、お昼もきれいです。

チーフ永森でした。

収納はライフスタイルに合わせて

こんにちは。

最近、断捨離にはまっている宮越です。

唐突ですが

私は自分のスケジュールや気持ちに余裕がなくなると

途端に部屋が乱れてしまう、なんてことがザラにあります。(恥ずかしながら)

いきなり何を言い出すのか・・・!

と思われるかもしれませんが、実はそんな人が多いのではないかと

内心、共感を求めに行っています。

『部屋の乱れは心の乱れ!』です。

できればお部屋の中をいつもスッキリさせて

気持ちもスッキリ!そしてリラックスできるお部屋を保ちたいですよね!

でも物を片付けるスペースがなかったら

収納の環境が整っていなかったら

片付けが億劫になってしまいますよね・・・

整理収納アドバイザーという資格を持っていながら

整理整頓できないなんて、説得力ゼロ・・・!

という思いもあり、最近は積極的に断捨離しています。

でも断捨離がメインではありません。

要らないものを捨てて、収納計画をしやすくする。

収納計画をして、必要なものを必要なところにスッキリと片付ける!

あくまでここが狙いです。

物が片付くと掃除もしやすいですし、キレイな状態を保ちやすくなります!

それに収納って、空いた隙間に収納BOXがピッタリはまったとき

パズルみたいで楽しいんです!!

パズルゲームが好きな人は片付け上手だと、勝手に判断しています。

まずは、いつか使うかもしれない・・・いつか着るかもしれない・・・

高かったしなぁ・・・もったいないなぁ・・・

と貴重なスペースを奪っている物たちを排除する事が肝心です!

心を鬼にして!

案外、捨てなければ良かったと後悔する事はなく

大量に捨てた事による爽快感が勝ります。

昔、漫画を大人買いしたときのような気持ちよさと似ています。(共感してほしい!)

とはいえ、私にも捨てられないものはありますよ(=゜ω゜)

人から頂いたものとか。思い出の詰まったものとか。

先日、クローゼットの中をもっと使いやすくしよう!

と思い立ち、収納計画を立てていました。

ネットで衣装ケースを調べてみると、種類の多さに驚きました。

クローゼットの奥行き分ある長い引出し、組み合わせできる引き出し

細長い隙間用の収納ケース・・・

安いしサイズ展開も豊富!感動!

ちなみに私は楽天でアイリスオーヤマの衣装ケースをいくつか購入しました。 

新築クローゼットの仕様が中段・枕棚・ハンガーパイプ

となることが多いですが、個人的には各部屋に中段は要らないと思います。

これだけ自分でカスタマイズできるし

収納する物も人によって、

または年代によって変化すると思うし

下手に中段で仕切ってしまうと後々邪魔になることも多いだろうなぁと。

(ですので最近はお客様にもそんな風にお勧めしたり、大工さんに言って取外しが出来る様に勧めております)

ただ、一般的なクローゼットや押入れは奥行きがありすぎるので

使い勝手悪いな~と感じます。

下のほうは奥行きの深い引き出しや、キャスター付きの収納ケースで

無駄なく使うことが出来るけど、高い位置になると

奥行きを活かした収納はなかなか難しくなってきます。

私は使用頻度の低いものを中段の奥にしまい込み、必要なときに

手前のものをどっこいしょと、よかして出し入れしています。

正直面倒だし、奥に何をしまったか覚えていないのが難点です。

『収納量・収納力は床面積ではなく壁面積!』だそうです。

確かにそうだな~と実感する反面、

収納アイテムや方法をもっともっと研究して

色々と役立つ情報をお伝えしていけたらいいなと思いました♪

また、これから新築をお考えの方は、収納に関する考え方についてもお話しますので

是非シンプルノートのセミナーへお越し頂いて

詳しい話を聞いてみてくださいね(ノ ^-^)ノ

今回の講師の高根社長は、私たちに欠けていた感性を持っておられますので、

無駄のない住まい『シンプルノート』があなたの凝り固まった考え方を変えてくれますよ!

お客様担当 長谷川

2018年6月28日

出来上がったら見えなくなる家の部分

 こんにちは!ジュープラスの長谷川です。

 タイトルの「見えなくなる家の部分」、それは家の構造のことです!家が完成すると重要な家の構造が見えなくなってしまいます・・・

どんな素材の物を自分の家に使用するのか、どれだけの強度があるのかを知っていても実際に見ていなければ「本当に丈夫なの?」

不安になりますよね。

そんな心配事のある方は構造見学会へ行くことをおススメします。

構造見学会とは

普段目にすることができない家の構造を見ることができます。

そこでは耐久性を把握したり、柱や梁の接合部に金具が使用されていることを目視で確認することができます。

では構造見学会へ行くメリットとはなんでしょうか。そのメリットについて簡単にご紹介します!

構造見学会へ行くメリット

目で見て感じとれる

 インターネットで得る情報と、実際に見るものとは異なることがあります。

木材の種類柱の太さであったり、耐震金物工法がどんなものか等、じっくり見て適切な対処がなされているかは実際に見てみないと

分からないことが多いです。

実物をご自分の目で確認し、どのような工法で行っているのか知ることができるのは安心感にも繋がります。

信頼できる職人

 これから一緒に家づくりをしていくからには職人さんのことも知っておきたいところですよね。

どんな職人さんがいるのか、知ることができるのも構造見学会の良いところです。

お客様がこれから住む家だと考えからこそ、手を抜かずに、骨組みから仕上げまでキッチリ造りあげます。

お客様へ配慮の気持ちをこめた仕事を間近で感じ取ることができますよ。

近日開催の構造見学会

7月1日(日)に富山市豊田町で構造見学会を開催いたします!

見学会では、家の構造を見ながら、お家の仕組みについて説明させていただきます!

分からないことや気になることがあればお気軽に聞いてください(*^^*)

たとえば・・・

「自然素材の家ってどんなものなの?それって健康的?」

「断熱性が気になるなあ」 「断熱材の種類ってどんなものがあるの??」

「木材はどんな物を選んだらいい?」

などなど

どんな疑問も構造見学会で解決できますよ♪

構造見学会6.27(全体)(小).png

現在建築は、軽量鉄骨づくりや、プレハブ住宅が多い中、

木造建築の本来の良さを持つ「木造在来工法」の骨組みの仕組みについて、

機会に、 "目で見て"  "感じとって" みませんか?

チーフ 永森

2018年6月26日

内装壁は、呼吸する家が一番!!

チーフ永森です。                         

これってなんでしょう?私の大好きな卵です。なぜこんなに卵が好きなのか?と思います。

特に、出汁巻き卵が大好物です。2945d0a717038352df2719037011530e[1].jpg単純な女です。

家は、

外壁に面しているところは、当然ビニールクロスではなく、呼吸できるものが良いですね。

家は、いたるところ呼吸しないと・・・。

でも、壁を珪藻土にして、自然素材とか無添加と言っているのもどうかと思いますが・・・・・・。

珪藻土だと画鋲がはれないので、残念・・・・・・。

写真は、ビーナスコートと言って卵の殻からできた内装仕上げ材のカタログです。

キューピーマヨネーズさんの最終工程にこれが並んでいます。

捨てる卵の殻なので、キューピーさんにとっても最適です。

1天然コラーゲンが安全性と完成度を実現

2、臭いや有害物を吸着分解

、繊維状のコラーゲンが室内の余分な湿気を吸湿

IMG_0368.jpg

ドイツのウッドチップの壁紙、オガファーザーも上から何度も塗り替えができて、20年以上も持ちます。

これは、当社ではよく使います。

一番安いのが、和紙クロスですが、これでもビニールクロスより高いです。

とにかく、外壁に面している内壁は、呼吸できる壁にしましょう。

呼吸しないと、内壁が結露すると大変なことになりますよ。

体感してもらえる「珠泉モデル」がありますよ。空気が違いますよ。 

当社の社長は、家のことについて 常に研究しています。

珠泉モデルは、西面には、大きなトリプルガラスを入れてみて                              

防げるが実験しています。いい家になるための研究に余念がないです。

家づくりは、これで良いということはないので、常に研究!!研究!!

                  

お客様担当 吉森

2018年6月25日

土地探し

こんにちは!
ジュープラスの吉森です。
家づくりをされる時、土地を購入される方も少なくはないと思いますが、
ジュープラスのお客様も「土地も探して欲しい!」という方が多くいらっしゃいます。
不動産業界のルールで、預かった物件は業界専用のサイトに掲載しなければいけないのですが、
それを守らない業者さんも多いのです

一番大事なのは、実際に足を運んでその土地の空気感や雰囲気を感じ取ること。

お客さんがどんな生活をしたいのかを聞き、その土地がお客さんの要望される暮らし方にマッチするのかを見極める。

光や風、景観をうまく取り入れられる土地かどうか。

設計する者が現地へ足を運び、その土地の持つポテンシャルを最大限に引き出さなければいけないと、社長はいつも言っています。

ですから、ジュープラスでは設計者である社長が自ら足を運ぶのです。(設計見習いの僕は、深いなぁ・・・といつも思わせられます)

例えば朝の5分、立山を見ながらコーヒーを飲む。それを大切にした家づくりもいいもんだなぁと思いました。

その土地が密集地だとしても、窓から植栽が見えるようにすると、随分気持ちが安らぐと思います。

土地の優先順位は色々ですね。価格重視、東西南北、全面道路に融雪装置、お隣との距離感、などなど。

そこに設計者のアイディアも入れてやると、最高の土地に変身します。

家づくりを失敗しないためにも、自分で土地を探している人は土地の契約前に絶対に設計者に見てもらいましょうね。

土地探し.jpg

部屋の灯りと印象

こんにちは。宮越です。

先日ジュープラスのメンバー+大工さんで、大昔の建築から現代の建築まで

目で見て触れて感じる県内ツアーをしてきました!!

その中でも個人的に印象的だったのが、朝日町歴史公園にある管理棟でした。

その管理棟になっている旧川上家は、江戸時代の中頃に宿場町であった泊町に建てられた町屋を復元した建物だそうです。

土間やいろり、帳場があり当時の歴史情緒をたっぷりと感じる事ができます。(ネットより引用)

建物内に入るとなんとも言えないノスタルジック!!!

私は江戸時代を生きた人間ではないし、町屋に縁もありませんが、

なぜか落ち着く、ホッとする室内になっています。

日本人なのだな~と実感。

irori.jpg

家の中をぐるぐると探索すると、照明器具がレトロで大興奮!!!

小さい照明器具がぽつぽつと釣り下がっているだけなのに

外からの灯りが障子からたくさん入るためか、陰気な感じがしません。

むしろ、その薄暗さが全体の雰囲気を出していて、

ゆったりとくつろぎたくなるような、そんな気持ちにさせてくれます。

syoumei.JPG syoumei2.JPG

部屋の中が暗めなので、窓から見る風景がくっきりと切り取られ

それがまた、美しいなあと感じました。

huukei.JPG

ふと、私達の家づくりはどうなのだろうと振り返ると

明るさ重視で、少し照明器具に頼りすぎているような気がしました。

もちろん、好みはそれぞれにあると思います。

家全体が満遍なく明るいほうが良いと感じる人

自然光を利用して陰と陽のバランスを楽しみたい人

間接照明をたくさん使って、リゾートのようにしたい人

そのイメージによって照明計画は変わってくるし

家の印象も大きく変わります。

今回、古い建築を見ることで照明器具の使い方に

もっと工夫をしていきたいなぁと改めて感じました。

お客様担当 吉森

2018年6月15日

梅雨入り!

こんにちは!ジュープラスの吉森です。

梅雨入りでいやな時期が到来しましたね!

と、つい言ってしまいがちですが、梅雨って本当に嫌なことばかりではないというのを先日初めて経験しました。

不定期で行われる社内勉強会。県内建築物を見よう!という勉強会です。

今回はみんなで松桜閣(黒部市)に行きました。その日は梅雨の小雨だったのですが、

それがすごく良くてお庭がすごく綺麗!

IMG_0268.JPG

先輩大工さんも「小雨で逆に良かった」と言ってました。いつも嫌いな湿度が、

こんなに建築物を引き立たせるなんて・・・。

歴史的な建造物は木をそのまま表しています。湿度は建物に影響がないのでしょうか?

木は生きています。湿度が高ければ吸い込み、少しですが膨張します。

乾燥の季節には吐き出し、少しですが収縮します。

松桜閣もそれを何十年も繰り返し、少しづつ隙間などが空いてきていました。

でも、まだまだ丈夫です。まだまだ使えそうです。木はすごいですね。

皆さんも梅雨のお庭をエンジョイしてみませんか!

お客様担当 長谷川

2018年6月12日

7/14【失敗しない家づくり】セミナーを開催いたします!SIMPLE NOTE 富山南店

こんにちは!

ジュープラスの長谷川です!

とうとう梅雨に入りましたね。綺麗な紫陽花が咲き始めて、見ているとワクワクします!

でも、洗濯物が乾かなかったり、気分が落ち込みやすくなることが多くあるので辛いですね...

けれど、湿っぽい時期が過ぎれば楽しいイベントが盛りだくさんの7月になりますよ~!

 さて、イベントというと、ジュープラスでは714日(土)にセミナーを開催いたします!

~知らなきゃ損する~ 失敗しない賢い家づくり勉強会 しっかり聞いてほしいから7組限定の完全予約制

7.14 (2).png

今からお家を建てる方、検討中の方にもぜひ知っておいてほしい情報が盛りだくさんですっ!

家づくりにおいて様々な知識を得てこられた方でも そんな考え方もあったのか! と思っていただけるセミナーとなっております。

セミナーについては、イベント情報にも掲載してあるので、興味をお持ちの方はぜひお申込みしてみてください♪

また、今回のセミナーについて気になることがある方は「お問い合わせフォーム」にてお聞かせくださいね!

現場監督 宮下

2018年6月11日

土間の作業風景

てっちゃん.png

現場監督の宮下です。

本日はN様邸の土間準備で伸縮目地を入れています!

その作業風景を撮影しました。

6190.jpg

丁寧さを心掛けて

6191.jpg

慎重な作業が続きます・・・!

1  2  3  

pagetop